マヌカハニーは、インフルエンザに効くの?その根拠は??

マヌカハニーインフルエンザ

 

マヌカハニーは、ニュージーランドを原産とした「はちみつ」です。

 

はちみつって風邪をひいた時に食べたりしますよね。

 

でも、気になるのがインフルエンザに効くかどうかってことです。

 

 

マヌカハニーとインフルエンザ、どんな関係があるのか・・・。

 

 

インフルエンサに対するマヌカハニーの研究とは?

 

 

マヌカハニーの研究で面白いものがあります。

 

通常、インフルエンザになると、タミフルを処方しますよね。

 

タミフルを使用すれば、すぐに治ります。そのことは、みなさんご存知だと思います。

 

 

で、このタミフルを通常の1/1000にして、同時にマヌカハニーを摂取します。

 

そうしたら、どうなるのか?

 

実は、タミフルを普通に摂取した場合と、同等の効果が得られるんですね。

 

これってすごいことですよね。

 

 

マヌカハニーに、そのような効果があるとは、驚きです。

 

 

なぜ、マヌカハニーがインフルエンザに効くのか?

マヌカハニーインフルエンザ

 

実は、マヌカハニーは、高い殺菌採用があります。

 

このように高い殺菌作用があるのは、マヌカハニーに含まれている成分に秘密があります。

 

その成分がこちら↓

 

MGOと呼ばれる「天然メチルグリオキサール」

 

この成分がインフルエンザウイルスに作用してくれるってわけなんですね。

 

 

このことは、学術的にも証明されています。

 

あと、免疫力も向上しますので、インフルエンザに感染しにくくなります。

 

 

 

インフルエンザに効果的なマヌカハニーは?

 

マヌカハニーにもランクみたいなものがあります。

 

そのランクがある程度高いものでないと、効果が出にくいと言われています。

 

 

でも、ランクってどのように分かるの?

 

 

選び方としては、上記で説明したMGOがどれくらい含まれているかを見てください。

 

MGOは400+以上のものがいいと思います。

 

マヌカハニーの瓶にMGOの含有量が書いてあるので、それを見てから購入しましょう。

 

 

 

まとめ

 

  • マヌカハニーは、インフルエンザに効果がある
  • マヌカハニーは、インフルエンザの予防になる
  • インフルエンザに効果的なマヌカハニーは、MGOは400+以上のもの