マヌカハニーを足に塗ると、水虫に効果がある??

マヌカハニー寝る前虫歯

 

マヌカハニーは、はちみつの1種です。

 

ニュージーランドを原産としたはちみつです。

 

でも、このマヌカハニー。水虫に効果があるとの噂があります。

 

それって本当なのでしょうか?

 

 

 

マヌカハニーは、水虫に効果がある?

マヌカハニー寝る前虫歯

 

そもそも、水虫は白癬菌という水虫菌が原因で起こる症状です。

 

この水虫菌をなくせば、水虫がなくなります。

 

でも、そんなことが可能なのでしょうか?実は、可能です。

 

 

そもそも、水虫菌は弱酸性の環境で生きることができません。

 

人間が宇宙で生活できないようなイメージです。(人間は酸素がないと生きていけませんから)

 

 

だから、足を弱酸性にしてあげればいいんですね。

 

それを可能にするのが、マヌカハニーなんですね。

 

マヌカハニーを足に塗ると、足が弱酸性になります。そのため、水虫が感染しにくくなります。

 

 

水虫菌が生きられないのですから、水虫はなくなっていきます。

 

 

もちろん、水虫の種類の1つ、爪水虫にも効果があります

 

両方の水虫に悩んでいる人は、より一層の効果が期待できますよ。

 

 

 

マヌカハニーが弱酸性な理由とは?

 

マヌカハニーが弱酸性でのは、グルコン酸が含まれているからです。

 

グルコン酸は、弱酸性に保つことができる成分です。

 

この成分があることで、水虫が生きられない環境をつくることができるんですね。

 

もちろん、人間の体には影響がないです。あくまでも、弱酸性になる成分なので。

 

 

 

 

マヌカハニーの使い方とは?

マヌカハニー寝る前虫歯

 

これまで、マヌカハニーの効果について説明をしてきました。

 

でも、実際にどのようにして使うのでしょうか?

 

そこで、マヌカハニーの水虫に対する使い方について紹介します。

 

 

まず、水虫が出来ている部分に、マヌカハニーを適量塗ります。

 

そして、その部分をガーゼなどで巻きます。たった、これだけです。

 

これだけで、水虫対策ができるんですね。

 

食べてもよし、塗ってもよし、こんないいものってなかなかないんです。

 

マヌカハニーが人気があるのは、こんなところに秘密があるのかも。

 

 

 

まとめ

 

  • マヌカハニーを塗ると弱酸性な環境をつくれる
  • マヌカハニーに含まれいるグルコン酸が、弱酸性にしてくれる